腰の痛み

  • 毎日、姿勢が悪いと感じている
  • 起床時によく腰が痛い
  • 立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事を長時間している
  • 腰と合わせて首や肩も痛い
  • 整形外科でヘルニアと診断されたがなんとかしたい

どうして腰が痛くなるの? | 町田 いちばん整骨院

腰痛の原因は様々ですが
腰痛の主な原因は骨盤・背骨のゆがみから生まれる姿勢バランスの崩れが原因です。
勢が悪い状態で、持続的に筋肉や神経に負担がかかることによって腰痛が起こります。

運転時の腰の痛み

車のシートはお尻が沈んでしまい、ひざが上がるようにできています。
この体勢だと骨盤が後ろに傾きやすくなるため腰に負担がかかります。

デスクワークでの腰の痛み

イスに座る際に座面の中心に座ってしまうと背もたれと背中の間に空間ができ
悪い姿勢で寄りかかるような格好になってしまいます。
また、前方に浅く座れば浅くするほど背中は丸くなるような体勢となってしまいます。
イスに座る際は深く座り、正しい姿勢を心がけましょう。
そして、長時間の同一姿勢による座位は腰に負担となりますので
少し動いたりするなど気を付けましょう。

立っている姿勢より、座っている姿勢の方が腰への負担は大きい??

正しい姿勢で立っているのと、座っているのとでは
座っている姿勢の方が腰に約1,5倍の負担がかかります。
腰や背中を丸めたような姿勢では約2倍に腰への負担は増加します。
なので座っている姿勢が多い人に腰痛が多いのはこのためです。

腰の痛みに効果的なストレッチと運動とは | 町田 いちばん整骨院

ストレッチ1

腸腰筋ストレッチ
ひざ立ちの状態で座り、後方の足(写真は左)を少し後ろに引きます。
手の位置は、後方の足が左の場合左手はお尻の位置、右手は右の骨盤の前に置きます。
身体の軸をまっすぐの状態で、右のひざを曲げていきます。
すると左の股関節前面のあたり(骨盤の内側のでっぱりの内側あたり)
が伸びる感覚があります。
気持ちがいいと感じるところで30秒キープします。
これを左右3セット行いましょう。

運動1

足ふり体操
必ず何かにつかまった状態で行ってください。
⇩写真のように、足を前後に振るだけです。
この時に軸がぶれないようにお腹にしっかりと力を入れましょう。
(腰は絶対に反らないこと。反ると痛める原因となります。)
スピードはゆっくりと行いましょう。

  
※急性期や足ふり体操を行い痛みが増すような場合は
やらないでください。

その腰痛あきらめていませんか?

病院や整形外科に行って腰痛の相談をし
レントゲンを撮ってもらったが、特に異常はありませんと言われ
湿布や痛み止めを処方され
様子を見ましょうで終わってしまった。

マッサージや整体、もみほぐしに通い
その時は楽になるが、すぐに痛みが戻ってしまう。

TVのCMなどで腰痛に効くと謳われる
サプリメントを試してみたが
効果を感じることができなかった。

腰痛とは一生付き合っていこう・・・。
もう歳だからしょうがない・・・。
腰痛改善はあきらめよう・・・。

そんな腰痛の悩みを抱えた方
是非あきらめずに、
「いちばん整骨院」に一度ご相談ください。

その腰痛をほっておくと、、、

腰痛をほっておくと
ぎっくり腰、腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などの原因となることもあります。
腰痛を感じたら、早めに「いちばん整骨院」にご相談下さい。
ほっておいても悪くなることはあったとしても、良くなることはそうそうありません。

腰痛の施術方法

腰痛の施術は
マッサージや湿布だけでは、その時ラクになるのみで
根本の解決にはなりません。
根本原因である姿勢の改善をすることが、長年あなたを悩ませている症状の
解決させることができる道なのです。
「いちばん整骨院」では痛みの強いときには、
「ハイボルト」を使用して痛みを改善させます。
その後は根本改善のために、「トムソンベッド」による痛みなく安全な骨格矯正、
姿勢矯正を行います。
また、今後歪みずらく、腰痛のない身体を作るために
骨格を支える「インナーマッスル」の強化を「楽トレ」を用いて
行っていきます。
腰痛の根本改善にはこの2つ!!
「トムソンベッド」と「楽トレ」の併用が効果バツグンです。
腰痛知らずの身体を作りましょう!!

腰痛でお悩みの方は「いちばん整骨院」へお任せください。